こんにちは。モラハラ解決カウンセラーの、長谷川理子(りこ)です。

モラハラで苦しんでいる方が、自分を取り戻そうと思った時。

いろんな手だてを使って、なんとか自分を取り戻そうとしますよね。

本を読む。

人と話をする。

カウンセリングを受ける。

セミナーに参加する。

そうやって自分を見つめて、なんとか現状を変えていこうとします。

問題の原因を相手の中に見ているうちは、決して状況は変わらないのだとしたら、

いろんなアプローチを試みることって、とっても素晴らしいこと。

その姿勢があればこそ、初めて物事は好転していくと思うから。

それって、とても素晴らしいことだと思います^^

しかし、そうやって「学んでいる人ほど陥る罠」があります。

それは…。

「学んでいるのに、全然生かせていない!!」と感じてしまう

です。

313fa41851d16644cd7418d0b50efe54_s[1]

 

 

 

 

 

こんなにいろいろ学んでいて、その時はすごく納得感があって、(ああ、そうだったんだ…!)って気がつくのに

でも、また同じ事を繰り返してしまっている。

これじゃあ、何のために学んでいるかわからない!!

ええ、ほんとーによくわかります、その気持ち(^_^;)

私も、何度も何度もそう思いました。

その度に落ち込んだりダメ出ししたことも数知れず…。

でもね、気がついていますか?

そもそも、なぜ「学んでいるのに生かせていない」と感じるのでしょう?

「学んだことを生かしていきたい!」という思いがあるからこそ、

「生かしきれていない」と感じて、それに反応するご自身がいらっしゃるんですよね。

そして、

「なぜ生かしきれていないと感じるんだろう?」

そう自分との自己対話ができているご自身ならば、充分学んだ成果が出ているんです(^^)

そういう「自己対話」を、以前のあなたはやってこなかったのではないでしょうか?

「なぜ私はこう思っているんだろう?」

そんな自己対話って、自分を見つめていくときにとても大切な作業なんです。

ちゃんとそれができているんですよね^^

それに…。

実は、学んだことすべてが、確実な気づきに繋がるとは限りませんし

「自分にとって必要な気づきは、自分にとって必要なタイミングで降りてくる」

そう思うんです。

ちょっとスピリチュアルな言い方かもしれませんが、

「気付きの準備ができた自分になった時、気づきはやってくる」

そう思うんですよね。

今はわからなくても

必要なことはちゃんとあなたの心が覚えていて

必要なタイミングで教えてくれるんだと思うんです。