こんにちは。モラハラ解決カウンセラーの、長谷川理子で(りこ)です。

今日のお話は、今とても苦しい状況にいらっしゃる方にとって

モヤモヤするお話かもしれません(^_^;)

kuma-hp

 

 

 

 

 

そんな風に捉える余裕なんて

今の私にはないわよ・・・。

そう感じる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、あえてお伝えしますね。

その生活から逃げ出したいくらい辛い現実があって。

それをなんとかしたくて苦しんでいる・・・。

モラハラを受けながら生活することって、本当に辛いこと。

「辛い」という言葉だけでは表現できない苦しさが、そこにはあります。

でも、それでも・・・。

「その出来事は、今のあなたに何かを気づかせてくれるために起きている。」

んです。

私の師匠のばんちゃんは、何度も何度もその話をしてくれました。

そして

「だからそれが、たとえ良くないと感じる出来事であったとしても。

今の自分にとっては、いいことしか起こっていないんだよ。

必要で、必然で、ベストなことしか起こらないんだ。」

って・・・。

でも当時の私は、とてもそんなふうに感じることはできませんでした。

この経験は、経験した人にしかわからない。

だからそんなことが言えるのよ・・・。

そんなふうに思ってましたね(^_^;)

(ばんちゃん、ごめんね(笑))

でもね、先日、クライアントさんからこう聞かれたんです。

「モラハラを受けたことによって、得たものってなんですか?」って。

私は思うんですよ。

このことがあったから

「私の人生の主人公は、私」って思えるようになったし

このことがあったから

私がどう生きていきたいのかが明確になったし

このことがあったから

明確になった自分になるための道を歩むことができるようになった・・・。

そんな気がします。

それが今の私です。

起こった出来事や相手を

「ただ、嫌な出来事、嫌な奴」で済まさないで欲しいんです。

モラハラされるとどうしても相手を責めたくなります。

それも仕方がないんです。でも!

「あなたにとって、自分を見つめ、成長させるチャンスとしてこれが起こっている」

そういう視点を持って見ませんか?

少なくとも私は、

そういう思いを持って生きてきた結果

関係が改善していった・・・そう感じています。

 

 

モラハラ解決のコツや、自分自身のあり方などについて書かせていただいています。

 

夫からのモラハラで悩んでいる方。夫婦間のコミュニケーション方法がわからない方。
お気軽にご相談ください^^
電話カウンセリングの、固定、携帯電話などへの通話料は、無料です。
(こちらからお電話をおかけします)