こんにちは。モラハラ解決カウンセラーの、長谷川理子(りこ)です。

最近、モラハラの記事があんまり書けていないかも・・・。

ごめんなさいっ!m(_ _)m

気を取り直して、今日はモラハラ夫に対する「話の聞き方」について書こうかな。

ご主人の話、聞けますか?

特に嫌味的な話じゃなくて、「ご主人の日常会話」を聞くことができるでしょうか?

普段からストレスいっぱいだと、こういう話すら聞けなくなってしまいますから、まず何らかの形で自分を可愛がって、満たしておくのが必須ではありますが・・・。

それをした上で!!

じゃあ、日常、「どんなことに気をつけて」聞いたらいいと思いますか?

まずは「手は止める」ことです。

これ、意外とやっていないことも多いかもしれませんよ。

何かをやりながら聞く・・・その姿を見た時点で、スイッチが入るひとは入ります(^_^;)

それだけで「俺を無視してる」って感じるひとも多いと思いますよ、モラハラ夫はね。

相槌を打ったり「そうなんだね」と共感したり・・・。

それも大切なのですが、「何かをやりながら共感しても、行動自体が別のことをしていることで、反感を買う恐れもある」んです。

昔、保育士だった時
子どもが何か話しかけてきた時には「ちゃんと聞いているよ」と理解できるように、やっていたことを取り敢えず置いておいて、まずは聞く」ということを、できるだけやっていました。

これに近いかもしれないですね~。

ただし、相手は「モラハラ夫」ですから、短い時間でもいいですから「意識的」にやったほうがいいかもしれません(^_^;)

・・・「待っててね」が効かない相手ですから(^_^;)

無料メール講座「パートナーから愛されるための11の法則」発行しました!

よろしければぜひ、お読みください^^