こんにちは。モラハラ解決カウンセラーの、長谷川理子(りこ)です。

昨日、実家に両親と私たち兄弟がそろって「終活」ならぬ「お墓」の話をしておりました(^_^;)

特にうちの両親、いたって元気ですけれど

「こういう話は、思い立った時にしておかないとね」という母の言葉に

「そりゃそーだね」と相成ったわけです。

今の時代、お墓もネットで探せる時代。

あーでもないこーでもないと言いながら、でも結構楽しかったかも(笑)

(不謹慎ですか?ごめんなさいね(^_^;))

昔、「親子の縁」を切られた(親としては私から切ったと思っていると思いますけれど・・・)状態だった私。

改めて、(ここまで来たんだなあ・・・)って思います。

私がかつて学んでいた「心塾」はセラピスト養成講座として開講されてます。

なので、いろんな経験を体験し、(自分もカウンセラーになりたい)というお心を持って参加されています。(もちろん、自己啓発で学んでいる人も多いですよ)

でも、この養成講座って、ただ「知識を学ぶ」だけではありません。

嫌でも「自分を知る」というところからスタートするんです(^_^;)

これが意外と曲者で、嫌な面とかバンバン見え始める・・・。

そうするとね、出てくるんですよ。

「私には、この仕事は向いてないんじゃないか・・・」って。

特に「人と向き合うことの難しさ」を実感したり
「自分が相談を受けることで辛く苦しい気持ちになってしまう」ことを体験したりすると、とても苦しくなりますから

私って向いていないのかも・・・って思うかもしれないですよね

昔は私も、ほんとーによくそう思ってました。

でも、もしも
「私には、この仕事は向いてないんじゃないか・・・」って悩んだのだとしたら

あなたの中には、「宝石の原石」があると思うんですよ^^

そうやって悩みこむということは、あなたはそれだけ、真剣に向き合っているということ。

そもそも思いが強くなければ、悩む必要もないわけですから・・・。

自分が一番苦しんで、向き合ってきたところがあるはず。

実はそれが、あなたの『強み』になるかもしれません。

悩み苦しんだ部分でがあったからこそ、クライアントさんに向きあって差し上げられることになるのですから・・・。

無料メール講座「パートナーから愛されるための11の法則」発行しました!

よろしければぜひ、お読みください^^