こんにちは。モラハラ解決カウンセラーの、長谷川理子(りこ)です。

下宿中の長女は、この10月で実習を終了し、あとは国家試験を受けるのみ、となったようです。
(看護師志望なので・・・)

これに受からないと、就職もパア。

そこで、本屋に出向き、国試対策の問題集を探しにいきました。

・・・。

分厚い!Σ(・□・;)

看護師になる人はみんな通る道とはいえ、ほんと、すごいな。

ここから半年、悔いのないようにがんばれーーー!!(*^^*)

(母、のんきだね(笑))

========================

夫の帰宅時間が近づくと、だんだん呼吸が速くなる。

心臓がドキドキしてくる。

外出していても、いつもケータイの着信が気になっている。

毎日がそんな状態で、まるで蛇の生殺し・・・。

そんな生活をし続けていたら、誰だって参ってしまいますよね。

モラハラのご相談のお話の中には

「もしかしたら、私、うつ病かもしれないんです」

あるいは「うつ病で、メンタルクリニックに通っています」

そういうお話を多く伺います。

実は私も以前、「うつ病」と診断されたことがありました。

その時の自分は、どうしてこんなネガティブに物事を考えてしまうのかわからないし、自分ではどうしようもできないんです。

なぜどうしようもないのかも、自分でわからない。

なぜこんなに不安が強くなっていくのか、全然コントロールできなくなっていました。

自分の中に、もう一人の自分がいるみたい。

まさにそんな感覚でしたね(^_^;)

私は「メンタルクリニック」を否定しません。

私も通院し、お薬をいただくことで実際の生活をすることができるようになったので、とても意味はあったと思ってます。

でも「お薬」だけでは難しいかもしれません。

もちろんそれでよくなる方もいると思いますが・・・。

そもそも「うつ病」は几帳面で真面目で、考え込みやすく、自分の内側に溜め込みやすい人が発症する傾向が強いです。

ということは、お薬やカウンセリングで一時良くなったとしても、

「その人の、物の考え方や捉え方の傾向」が変わっていなければ、ストレスがマックスになっていっぱいいっぱいになった時、また発症するかもしれないんですね。

頑張りすぎな傾向があるみなさんは、つい自分を後回しにしたり、自分が犠牲になって我慢したり、キャパ以上のことをしようとしたり・・・。

そうやって「頑張らなければ認めてもらえない自分」を信じ込んでいる気がします(^_^;)

頑張ってみるポイントを、変えてみましょ^^

頑張ることをやめる」ことを「頑張ってみませんか?

無料メール講座「パートナーから愛されるための11の法則」発行しました!

よろしければぜひ、お読みください^^