仕事をしていたり、家で子どもと遊んでいたり
「何か」をしている時は、まだ大丈夫。
でも、ふと1人になった時、自然と涙が溢れてくる・・・。


(なんでこんなにうまくいかないんだろう。こんな生活、望んでなかったのに)


旦那とうまくいかない。
コミュニケーションも取れない。
普通の会話すらなく、一緒に暮らしているのがしんどい。


ふと気が付くと、なんだか涙が出てくる。


(あれ・・・?なんで泣けてくるんだろう・・・)


そんな感じになっていないでしょうか?


もしあなたが
(私、今そんな感じかも知れない)って思うなら


まず、ご自身が置かれているその状況は
「ご自身が感じているより何倍も、実は大変で辛い状況なんだ」ということに
気がついてくださいね。


自然と涙が流れてくる。
それって、「相当大変で、辛いからこそ起こる」んです。
「自分が思っている以上に辛いからこそ、こころと体が、危機を教えてくれている」んです。


「確かに辛いけど、他の人はきっと、もっと頑張ってるよね」とか
「しんどい状況に慣れてしまってるのか、そこまで大変なこととは思わないよ」とか
「こんなことで泣くなんて、私ってダメだな・・・」とか・・・。


それって、違いますからーーーー!!


どうか、自分の本当の感情を、無視しないでくださいね。


そのためにはどうしたらいいか・・・。


自分の本当の感情を無視しないためには
まずは「思い切り、悲しんで、泣くこと」


「悲しい時は思いっきり悲しんでいい」んです。
だから涙が出てくるのなら、そのまま泣いちゃってください。


その時に「理由」はいらない。
大声で泣きたかったら、その想いに逆らわず
声をあげて泣いちゃってくださいね。


そして、泣いて、ちょっとスッキリしたら・・・


「なんでそんなに悲しかったのか」
その理由を、自分自身に聞いてみてくださいね。


そして、その理由を
ひとつひとつ書き出して、自分を観察してほしいんです。


どんな思いが、「辛い悲しい」という感情を沸き起こさせたのか
なにがそんなに悲しいのか
どんな思いがあなたにあったから、それが辛いと感じたのか・・・。


ただ漠然と「悲しい、辛い」という想いに浸っているだけだと
いつまでたっても、その感情に支配され続けてしまいます(^_^;)


でも、そこから一歩外に出て、客観的に
「自分の感情を見る」ことができるようになると
少しづつ、感情に支配されることが少なくなってきます。


「そんなことで楽になっていけるの・・・?」って思うかも知れませんね。


でも、実は・・・。
自分を変える方法っていくつもありますが
それって、「びっくりするほど奇をてらった、何か特別な方法」とは限らないんです。


もっと地味で、コツコツをやり続けていくことで
少しずつ変化を起こしていける・・・。
そんな方法こそが、結果、「確実に自分の心の軸」を作っていけるんです。



泣きたい時は、思いっきり泣きましょ(^^)
そして、大切な「自分の本当の気持ち」を向き合っていきましょう。


それが、「自分を大切にすること」に繋がります。


:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:
画像をクリックで、登録画面に移動します

ベルカウンセリングのお申し込みはこちらベル