夫の帰宅時間が近づくと、だんだん呼吸が速くなる。
心臓がドキドキしてくる。
外出していても、いつもケータイの着信が気になっている。
夫が家にいると、帰宅して玄関のドアを開ける瞬間が怖い。


毎日がそんな状態では、これは本当に、苦しい。
そんな生活をし続けていたら、誰だって参ってしまいますよね。


「もしかしたら、私、うつ病かもしれないんです」
あるいは「うつ病で、メンタルクリニックに通っています」
そういうお話を多く伺います。


実は私も以前、「うつ」と診断されたことがありました。













その時の自分は、どうしてこんなネガティブに物事を考えてしまうのか
自分で自分の意思をコントロールできないのか
なぜこんな考えに囚われてしまうのかが自分でもわからない。


なぜこんなに不安が強くなっていくのか、わかりませんでした。


自分の中に、もう一人の自分がいるみたい。
まさにそんな感覚でしたね(^_^;)


私は「メンタルクリニック」を否定しません。


私も通院し、お薬をいただくことで実際の生活をすることができるようになったので
とても意味はあったと思ってます。


でも私がそこから復活できたのは「お薬」だけでは難しかったと思うのです。


もちろん個人差がありますから
通院投薬でよくなる方もいらっしゃいます。


でも、うつなどのメンタル面での症状って
もともとのその人のものの見方や考え方、捉え方が
大きく関係しているんですよね。



真面目で頑張りすぎで、手を抜いているようで抜いていなかったり
責任感が強かったり・・・。


頑張ることって、確かに社会で生きていくのに必要な要素ではあるものの
それが強すぎるために、結果、自分でも気がつかないうちに自分を追い込んでいく・・・。


ということは、お薬やカウンセリングで一時良くなったとしても・・・。


「その人の、物の考え方や捉え方の傾向」が変わっていなければ、ストレスがマックスになって余裕がなくなった時、また発症するかもしれないんですね。


頑張りすぎな傾向があるあなたは
つい自分を後回しにしたり、自分が犠牲になって我慢したり
キャパ以上のことをしようとしたり・・・。


そうやって「頑張らなければ認めてもらえない自分」を信じ込んでいませんか?(^_^;)


頑張ってみるポイントを、変えてみましょ^^


「頑張ることをやめる」ことを、頑張ってみましょうね。


=============================

画像をクリックで、登録画面に移動します




カウンセリングのお申し込みはこちら
カウンセリングメニューはこちら