この間、私の昔からの友人と久しぶりに長電話をしました。

彼女は私と同い年(40代後半)で、自分の仕事のことで悩んでいたんです。

幼稚園免許しか持っていないので、今から勉強して資格を取ろうかと思うのだけれど、この年からのスタートに対して不安がある、ということ。

それともうひとつ。

自分のことに対してお金をかけることができない。
自分のためにお金を使うことはどうしても抵抗がある。

そんな内容でした。

ある程度、年齢を重ねてからのスタートって、実はすごく勇気がいるんてすよ。

それまで積み重ねてきたいろんな思いや観念が、ガードをしてることが多いので、なかなかそれを自分で崩すことができないんですよね。

年取ってくに連れて、ガンコじじいやガンコばばぁが多くなるのは、そういうことですね(笑)

私も、もしかしたら、そういうとこあるのかもしれないし、ね(^_^;)

そして、彼女が言っていた「お金を使うことに抵抗がある」
私もこの感覚がすごくありました。

生活のため。家庭のため。子どものためなら罪悪感なしで出せるんです。
自分で許可が出せるから。

でも、自分のためには出せなかったんですよ。

特に自分の楽しみのため、とかだと全然出せない。

「私はいいから…」という自己犠牲です。ほんとはよくないのに(^_^;)

もうそれは、あきらかに私の親から受け取っていた観念ですね。
今でこそ、70歳過ぎた私の母親は、ここぞとばかりに自分のライフスタイルを満喫するために
したいことをし、使いたい時に使ってますけども(笑)

昔はよく言ってました。

「自分のために使うなんて勿体無い。子どものためにとっとかなくちゃ」って。

確かに、今の自分の経済状況を省みないで、湯水のように使ってもいいという話ではないけれど
でも、「あなたがあなたのために使う時間とお金」って、あなた自身のためではあるけれど、実は生活のため、でもあるんですよね。

だって、お母さんは「家族の太陽」でしょ?
その、お母さんが生き生きと楽しくしていることが、健康的な家庭を作っていく秘訣でもある訳で・・・。

そのための「必要経費」でもあるんです。

相談してくれた友人も、家のためでもあるのに、それが「自分のため」にすり替わっちゃってるんです。

それにも気が付かないくらい、いけないことだと思いこんでいたんですね。

大事なのは「あなたは、あなた自身がどうしたらご機嫌で毎日を過ごせるか」ということ。

そのために使う時間とお金は、あなたにとって必要不可欠なんです^^

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

画像をクリックで、登録画面に移動します

カウンセリングのお申し込みはこちら

カウンセリングメニューはこちら