とあるエライ方が言ってました。


「悩みのほぼ100パーセント、『人間関係』が絡んでいる・・・って。

確かに、どんな厳しい職場でも人間関係がうまくいっていたら、仕事自体はそこまで苦痛にはならないものです。


この「人間関係」が、生活や仕事の質を決めると言ってもいいかもしれませんね。


1日24時間の中で、一緒にいる時間が長ければ長いほど
そういうひとたちと出来る限り、居心地の良い時間を作るための努力。



これは、本当に大切なことですよね。


本来ならばこの努力を「お互いに」し合って行く必要があるのですが・・・。


悲しいかな、このブログを読んでくださっているあなたは
旦那さんの心無い態度に振り回される毎日で
「お互いの努力し合う」というところからは、遠いところにいらっしゃるのかもしれませんね(泣)


でも、このブログでも何度も書かせていただいているように
相手の態度を、「言って分からせる」のはかなり無理。


それができていたら、今頃こんなことにはなってない訳で・・・。


もちろん、最終的には、両方が変わっていくことが理想だし
どちらかが変わっても、相手が全く変わらなかったら


それを維持し続けていくのは相当覚悟と根気がいることで


だったらその時に、どうするかを「改めて選び直す」必要はあるかもしれません。


でも、「問題は、それを問題だと感じた方に解消責任が生じる」のですから


まずはあなたから「変化を起こし始める」
ここが、すべての始まりなんです。



「(自分を)理解してもらうには、まずは相手を理解しようとすること」


そんなのやだーーーーっ!
なんで私が・・・!?


そういう、「過去の私の声」が聞こえてきそうです・・・(^_^;)


嫌ですよね、それ。
理屈ではわかっていても、こころが納得しませんものね。


どう見ても理不尽なこと。
どう考えても納得いかないこと。
旦那の態度がそんなのばっかだとしたら、確かに嫌ですよ(爆)


でもね、ちょっと考えてみていただきたいんです。
旦那さんのことはちょっと横に置いておいて・・・。


自分のことをわかってくれない人の言うことを、素直に聞くことって、そもそもできないと思いません?


同じことを、快く思っていないAさんから言われてもスルーしちゃうけど
信頼しているBさんから言われたら受け入れられるかも・・・なんてことも、多いですよね。


旦那さんと仲良くやっていきたいと思うのなら、「まずは理解しようとする姿勢を持つこと」


これは、旦那さんのためではありません。
今は、どんなことでも「旦那さんのため」じゃなくていいんです。



あなたが仲良くやっていきていきたいと願い、そういう現実を作っていくために・・・。


「あなた自身のために」するんです^^


いいのいいの、自分のためで(笑)