あなたは今、その方と一緒に歩いていきたいですか?


それとも、別の道を行こうと思ってますか?


それとも、どうしたいかわからなくなっていますか?





今日は「本気で改善したいと思っているけど、なかなかできない」という方に向けて、書かせていただきますね^^


あ。
今日の記事は、ちょっと辛口です(^_^;)



でも、本気でやり直したいのなら絶対に外せないオハナシだと思うので、ぜひ、そのおつもりで読んでみてくださいね。


毎日のように、旦那さんの言葉や態度にイライラしたり落ち込んだり傷ついたり・・・。

そんな中で、どうやって接していったらいいかわからない。


でも、相手に対する気持ちはあって、なんとかやっていきたい。

こういう思いがあるのなら、できることなら関係を改善させていきたいですよね。


まず、これには「大原則」があります。


ここを理解して、受け取っていただくことが、改善へ向けての第一歩になります。

逆にいうと、これを受け入れられない場合、改善はかなりしんどいものになるかもしれません(^_^;)


ですので、やり直したいと思っていらしゃる方には特に、知っておいていただきたいんです。

それは・・・。


「問題は、問題だと感じた方に解消責任が発生する」ということです。


説明していきますね^^


まず、あなたとお相手(旦那さん)がいて、あなたが旦那さんの暴言に悩まされていて
2人の関係がうまくいっていないと感じているとします。


このことについて、旦那さんがどう感じているのかは、直接話をしてみないとわかりません。

ですが、あなたはそれを「問題に感じている」のですよね。


だとしたら・・・。


たとえ、問題と感じている原因が「旦那のモラハラ的行為」だったとしても


2人の関係がうまくいっていないことを「問題」と感じている方が、解消していく必要がありますよね。


「解消責任」というと、ちょっと義務的で、押し付けに聞こえるかもしれませんが決してそうではありません。


考えてみればわかることで、「やばい」と思っていなければ、変えようとすることはないのですから
「問題意識を持った方」が何らかの形で「変えていくためのアクション」を起こす必要が出てきます。


なので、もしあなたが、関係を変えていきたいと思ったなら

「旦那が◯◯するから、私が今辛い思いをしているんです。こういう態度、なんとかやめさせるにはどうしたらいいですか?」というような


相手をコントロールして、やめさせようとするマインドを、手放していただきたいんです。


どんな人でも(たぶん私でも)自分をコントロールしようとする人の言うことを聞きたいとは、思わないですよね。


と言いつつ、ふと見てみたら・・・。

私のブログのタイトルは「夫の言葉の暴力をやめさせる」って、なってるな(笑)


つまり、こういうことなんです。


夫の言葉の暴力をやめさせるには、相手の態度を、「自分の理屈や常識」でなんとか変えようとしても難しい。

たとえそれが、どんなに理不尽で間違っていると思っても。


それよりも、あなたがそれを問題だと感じている理由はただ1つ。


「今のその現状が、あなたが思っている通りではないから」


問題だと感じた方に解消責任が発生するなら
あなたが「思っている通りじゃないから問題になっている」のですから


変えていくのは「あなたの思い」のほうですね^^


ちょっと難しいなーって、思いましたか?


どうしたらいいかわからないと言う方は、一度私とお話ししましょう^^



実は、旦那の言動を変えようとするよりも、ずっとずっとカンタンなんですよ。

:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

👇画像をクリックで、登録画面に移動します👇

:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

カウンセリングのお申し込みはこちら

カウンセリングメニューはこちら