・夫や彼からの言葉のdvが、なぜこんなに辛いのか?

こんにちは。モラハラ解決カウンセラーの長谷川理子(りこ)です。

アメブロはこちらから

言葉の暴力(モラハラ)を受けるケースって、いろんなパターンがありますよね。

yjimage

 

 

 

 

 

例えば、テーマのごとく、夫や彼から。

職場の上司から。(パワハラ)

自分の両親から。

義両親から。

友達から、などなど・・・。

どんなケースでも、相手から攻撃されたら本当に辛いですし、自分に自信がなくなっていったり自己否定をするようになっていってしまうものだと思います。

なぜ、相手の暴言がこんなに苦しいのか。

よく言われるのが

「被害者は、暴言を「自分を否定された」と受け取ってしまうから」

というもの。

相手の暴言が言葉足らずで、「お前はダメ」と怒鳴られたことが

「そのやり方ではダメ」

「その考え方ではだめ」

という行動や考え方をダメ出しされたことに対して、まるで自分の人格が否定されたかのように受け止めてしまう、ということですね。

職場なんかでは、こういうことがよく起こっているかもしれません。

もともと、自分の捉え方が否定的だったり、自己肯定感が低かったりすると

何かを言われたときに「自分そのものを否定された」ように感じ、辛くなってしまうんですね。

実際は自分自身を否定された訳ではないのかもしれないのに・・・です。

だから、その捉え方の癖が自分にないかなって見つめていくことって大切だと思います。

ですが・・・。

夫や彼から発せられる言葉はというと・・・。

あきらかに「お前なんか、最低なヤツだ」とか、

うーん・・・。とてもブログには書きたくないような罵詈雑言のオンパレードで

自分の存在そのものを否定されるような言葉を浴びせられることが多いような気がするんですね(^^;)

そんなむごい言葉を浴びせられても・・・。

それでも「相手は言葉足らずで、存在を否定して言っている訳ではないんです」とは、言い切れないことも多いような気がするんですよ・・・。

(そういうこともあるとは思いますけれど・・・。)

じゃあ、どう捉えたらいいの?ですよね。

私はね。

「相手は、相手の一方的な価値観や思い込みがあって、その価値観に対して自分(被害者)の言動が一致していないので、お前はダメだって言ってる」

ただ、それだけに過ぎないのだと。

それは「相手が持っている価値観は、相手独自の、勝手な価値観」

そう捉えることが大切なんじゃないかなって思ってます。

だから、その価値観に合わないからって、私が否定される「筋合いはない」のですよね^^

2月23日(火)スタート!東京での連続講座

「本気で!自分を変えたい人のための講座」~こころ塾ライト~
詳細、お申し込みはこちらから

当日、翌日の対面カウンセリング

2/23 15:00~17:00の参加申し込みはこちら

2/23 19:00~21:00の参加申し込みはこちら

2/24 10:00~12:00の参加申し込みはこちら

2/24 15:30~17:30の参加申し込みはこちら

2月18日(木)スタート!大阪での連続講座

「本気で!自分を変えたい人のための講座」~こころ塾ライト~
詳細、お申し込みはこちらから

 

 

カウンセリングのお申し込みはこちら
カウンセリングメニューはこちら

hp

facebook