よく、「モラハラは治らない」と言われるけれど、私はこう思ってるんです。


「旦那のモラハラ的な言動は、次の2つのことができれば改善する」って・・・。











ひとつは、旦那側(モラハラする側)が『底つき体験』(自分が危機感を感じる体験)をし
それによって危機感を感じて「本当になんとかしたい!」と感じた場合。



それが一過性のものでなく、「心底そう感じた場合」ですね。


でも、何が底つき体験になるかは人によって違いますし、一過性のものが、骨身にしみたのかはわかりませんし・・・。


そもそも、「本当にそんな体験、するのか?」って話ですよね(^^;)


なので、それだけでは改善は難しいんです。


私は、堂々と、「旦那の言葉の暴力が今はもうほとんどなく、毎日が楽しい!」と言えるくらい改善しています。


今までを振り返ってみると、私の夫の言葉の暴力が減ったのは
ただただ、夫が『底つき体験』をし、危機感を感じ、なんとかしようという「自覚」を持ったから「モラハラが解決したのか」というと
決してそれだけではなかった、と思うんですね。


確かに私は以前、あまりの状況に耐えかねて
子どもを連れて実家に数か月間、身を寄せたことがありました。


これは私にとってはとても大きなことでしたし、もし私がこれを相手からされたとしとしたら
『底つき体験』になったかもしれません。


でもそれが本当に「夫にとって底つき体験だったか」というと
実はちょっと微妙なんです。
(その時は相当ショックだったとは思いますけれど)


じゃあ、なぜ夫が変わり、暴言がなくなったのか・・・


それは「私が変わったから」
正確に言えば、「私の心のあり方が変わったから」なんです。



確かに、ごく当たり前のように言われている
「他人を変えるには、まず自分が変わること」


これは、確かに真実。
相手を変えようとしている以上、人は絶対に変わりません。
なので、まずは「自分が変わること」が大原則なんですけれどね。


じゃあ、どう変わっていったのか・・・。


「夫がモラハラをしているという現実があって
それがもし、『あなた側が、それを招いていた部分があった』のだとしたら
どんなところだと思いますか?」



とてもじゃないけれど、決して認めたくないと感じる(かもしれない)この質問を
あえて、自分と向き合って、自分と会話してみることで探しだしていくことをしていきました



だからと言って、私がダメじゃない、私が悪かったわけじゃない。
でも、だから旦那が悪いのよ、というわけでもない。


誰が悪い悪くないというジャッジをするのをやめて・・・。
私が私をジャッジするのもやめて・・・。


『原因の種』を見つけて癒していったこと。


そこがスタートなんです。


モラハラする側が「気が付いて危機感を感じること」
モラハラされている側が「自分の評価を、自分で落とすことなく、『原因の種』を掘り起こして癒していくこと」


この2つが解決のコツなんです。


あ。でもね。


そうは言っても、それでも改善しないケースだってあります。


自分なりに精一杯やってみた。
こういたらいい、ああしたらいい・・・。
いろんな方法を試してきた。
どんなに相手の立場に立ち、こころを砕いても
私の価値を貶める言葉や態度はなくならない・・・。


そういうこともあるかもしれません。


そして、ここが大事!!


(言葉や態度が)改善しない夫だけれど、自分が大丈夫なら問題はないんです。


でも、それでも無理ならば・・・。


そういう夫と、これからどうしていくのか・・・。
やはり変わらなかった夫とどうするのかを・・・。



その時に『あなたが』選び直せばいい。


:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

ラブラブカウンセラー養成講座「HUMAN ACCEPT」ラブラブ

【東京(渋谷区)】
日時 9月21日(木)13時から16時
場所 コミュン渋谷
アクセス方法

【静岡(浜松市)】
日時 9月26日(火)13時から16時
場所 エネシア 浜松店
アクセス方法

(※どちらの講座も、2回目以降の日程はその都度決めていきます)

ベル1期受講生さんの声ベル

ベル詳細ページベル

ベル東京講座のお申し込みベル

ベル静岡講座のお申し込みベル



画像をクリックで、登録画面に移動します




カウンセリングのお申し込みはこちら
カウンセリングメニューはこちら