昔、カウンセラーになるためにお勉強していた頃。


いろんなセミナー出たり、セッションを受けたりしていました。




カウンセラーになるためには、カウンセラーのノウハウを学ぶだけではなくて、根本的に「自分が問題をある程度癒している」ことが必要なんです。


その、自分癒しのために受けていた「インナーチャイルドを癒すセッション」で、私は、いろんな感情を再体験しました。


1番多く扱ったのは、いじめを受けていた小学校の頃の体験でした。


その頃に感じた感情が、自分を肯定できなくなった引き金になっていると感じていたからです。


でも、セラピーを受けていくにつれ、実はもう少し前からこの感覚を持っていたみたいなんです(^_^;)


「自分は人から傷つけられる」

「自分は誰からも好きになってもらえない」


この2つの感情が出てきたのは、幼稚園の年少さんくらいの時の記憶でした。


その時に思い出した光景・・・。


そこは、幼稚園の園庭。私はブランコを漕いでました。


6台くらいあるブランコにいたのは、私一人です。


園庭の砂場や滑り台にはお友達がたくさん遊んでいるのに、ブランコにはほかに誰もいませんでした。


その時私は、すごい勢いでブランコを漕いでいたんです。


まるでむきになっているみたいに・・・。


何か嫌なことがあったのか理由は覚えていないし、なぜそんなにむきになって漕いでいたのかはわからないんですが・・・。


ただその光景とともに、とても哀しいっていう感情を、同時に感じました。


「私は誰からも好きになってもらえない」


もっとも、その記憶を「今」思い出しているので、それを思い出したことで「当時孤独を感じていた」と、今の自分が感じたのかもしれません。


でも、1人で必死でブランコを漕いでいる小さかった自分の顔は、そのイメージの中では、とても寂しいものでした。


私の中にいた、小さい頃の自分は
もしかしたら、そのような感情をかんじていたのかもしれない・・・。


その前提で、小さかった頃の私と会話をして言ったんです。


そうやって、自分癒しを進めていく中で、今はこうやってお仕事ができるようになりました^^


今は、とても幸せです^^


ブログを読んでくださる方がいて、カウンセリングのご縁をいただくことができ、私を理解してくれる大切な人や、仲間がいる。


多少、加齢はあるものの(笑)一応健康で、やりたいことをやらせてもらえている。


でも、こんな私ですが、5年くらい前までは私も本当にどん底で、もう這い上がれないんじゃないかと、本当に思っていました。


でも「自分が源泉に立って、自分に原因があるとしたらなんだろう」という視点に立って、自分を見つめてきたことで、私はとても楽になりました。


だから、今は思っています。


「人は、本当に変わろうと心から思ったら、変われる」ってね^^


:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

画像をクリックで、登録画面に移動します

ベルカウンセリングのお申し込みはこちらベル