夫のモラハラ、だけでなく
職場での言葉の暴力についてのご相談を受けることもあります。












私が元保育士ということもあって
「保育園、幼稚園がらみ」のパワハラのご相談も多いんですね。


パワハラとは・・・。
「職場の権力を利用して行われる、精神的、身体的dvこと」


・人格否定
・能力否定
・他の職員の前での叱責、怒涛、嫌味
・責任の転換、押し付け などが挙げられます。

で、結構多いのが・・・。

「園のトップ」からのパワハラ、です・・・(^_^;)

この方からパワハラを受けてしまうと
どこに相談したらいいかわからなくなりますよね。

これは余談ですけれど・・・。

保育園に勤務が決まり、園長先生から
「何か悩みがあったら、上(市役所保育課)に相談する前に、私に言ってね」
と言われていたのに、その人からパワハラされてしまった。

でも、この言葉を聞かされていたために役場への相談ができず、
主任や同僚にも話しづらく、
私が辞めたら、このクラスはどうなるんだろう・・・
そう考えると、安易に退職を決めることもできず

気がついたらうつになり、職場に行けなくなってしまった。


仕事って、自分のプライベートと同じくらい。
いいえ、人によってはそれ以上にウエイトが大きいモノだったりします。


だから、そこでの人間関係の悩みは計り知れないですよね。


仕事って、人間関係が上手くいっていれば、90%以上できたようなものだと思うから・・・。

私が思うに・・・。
「保育士」とか「幼稚園教諭」って
「仕事を辞めること」にとても抵抗を感じる方が多い気がします。

だって、大概の方は
「その仕事を志してきた方」です。
大好きな子どもに囲まれて仕事をしたい。
ずっと昔からこの仕事をしたかったから、頑張って資格を取った。

そういう方が大半なのではないでしょうか?

やりたくて選んだこの仕事。
辞めたくはないですよね。
でも、パワハラって、「その時だけの問題」じゃないですよね。

異動があって期間限定ならまだしも、そうじゃない場合
この人の下で働いている限り
それがいつまで続くかはわからない・・・。

もし、その「仕事」を続けていきたいのなら・・・。

「その職場を辞める」ことは、決して悪いことではありません。
働く場所を変えればいいだけです。
「保育士畑」をリタイヤする必要はありません。

あなたがそこを辞めることで、確かに子どもは一時的に混乱するかもしれない。
でも、子供の適応力は、侮れないんですよ^^

そして、これはちょっと冷たい言い方かもしれませんが
あなたに『何か』があっても、職場は守ってはくれません。


あなたの心と体を見つめ直した時
自分でもう限界を感じているのなら・・・。

その、園の子どもたちに向けている責任感を
あなた自身に向けてあげてください。


あなた自身を守るために、
今自分にできる、最善の方法を取ってあげてください。


今日の記事は保育士さんに向けて書いてみましたが
これは、会社にお勤めの方にも言えること、ですよね^^

もちろん、自分の環境や年齢を考えて、
簡単に辞められない事情がある場合もあります。

が、これだけは確かだと思うのです。

「自分を壊してまで続ける仕事は、どこにもない」のだと・・・。

:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

ラブラブカウンセラー養成講座「HUMAN ACCEPT」ラブラブ

【東京(渋谷区)】
日時 9月21日(木)13時から16時
場所 コミュン渋谷
アクセス方法

【静岡(浜松市)】
日時 9月26日(火)13時から16時
場所 エネシア 浜松店
アクセス方法

(※どちらの講座も、2回目以降の日程はその都度決めていきます)

ベル1期受講生さんの声ベル

ベル詳細ページベル

ベル東京講座のお申し込みベル

ベル静岡講座のお申し込みベル

画像をクリックで、登録画面に移動します

カウンセリングのお申し込みはこちら
カウンセリングメニューはこちら