今日はセルフセラピーカードのお話です。















6番 「観念」のカードです。


同じ場所にいて、同じ風景を見ているはずなのに
男性はその景色を冬のように見えているし
女性は春のように見えていますよね。


そこにあるのは青い空と、緑の草原のはずなのに
男性も女性も、まったく違う景色を見ている・・・。
でもお互いに、自分が見ているものが「真実」だと思っている・・・。


私たちの日常も、よくよくこれと似たようなことが
起こっているような気がします。



たとえば、以前私は「夫婦のあり方」に対してこう思っていたんです。


「子どもができて、親になったのだから
母親が育児メインに子育てするのは当たり前。
だったら、その責任として
夫が給料を家に入れるのは当たり前」って・・・。
(これは決して『主夫』とかシングルマザーを否定しているわけではありませんよ〜)


「だって、結婚したんでしょう?
その責任を取れないなら、そもそも結婚なんかしなければいいよね」
くらいに思ってたので・・・(鬼嫁?(^_^;))


「一家の大黒柱なら、生活を養えるほどお金を稼ぐのは当たり前」


家事と育児と、義母との同居で余裕がなかった私は、
その観念を緩めようとしないまま



「もっと私を助けてよ!もっと気を使って配慮してよ!」って
「夫がして欲しいことを満たしてあげようとせずに」
欲求ばかりを持ってました(^_^;)



夫に対してこの観念を強く持っていたので
「どれだけ大変な思いをして、毎日仕事に出かけているのか」を
配慮することができませんでした。


夫は夫で
「俺こんなに大変な思いをしているんだから、もっと認めてくれよ!」って思ってるのに
私がそんな感じですから、そりゃ苛立ちますわね(^_^;)


もっとも・・・。
自分を犠牲にすることが当たり前だと思っていたし
自分を満たすことが大事ということも知らなかったので
今となっては、あの当時、相手を思いやれなかったのも
仕方がなかったなって思いますけどね(^_^;)


でも、「私の中の当たり前」が、現実を厳しいものにしていたことは
多かったですね。


自分の中の、こうあるべきだという思い。
自分の中の、こうでなければいけないという思い。



これはどの人も持っているものです。


それは、今まで生きて来た中で培われてきた、大切なもの。
これがあるからこそ、頑張れることも多いんです。


でも、人って、それぞれ育ってきた環境も、体験も、感じ方も違います。


そんな中で
「自分の考えは間違ってない!」
そんな気持ちが強すぎると…。


当然、人とはうまく行かなくなります。


モラハラ夫って、いっつも何かに、誰かに怒っているでしょう?
それは、自分の中にある『当然』(だと勝手に思っていること)が多すぎるから。


自分の中で禁止していることが多ければ多いほど
「嫌いな人だらけ」「許せない人だらけ」になってしまいますね(^_^;)



でもお互いに「自分が正しい」をやり続けている以上
問題は解決しないですね。


2人の間がうまくいかなくて、それが問題だと感じている時
「それを問題だと感じた方」に、解消責任があるんです。



だったら、まずは、問題に感じているあなたが先に
動き始める必要がありますよね



そのために、まずは
「違う、ということを理解する」ことから始めてみませんか?


相手が間違っているのではなく
自分とは違うんだということを理解する。



そして、それを踏まえた上で
「私はどんな思いがあったから、あの人の言動がイライラしたのか?」


あなたがそこを意識し始めることで、ご主人の態度も変わり始めていきますよ^^


:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

ラブラブカウンセラー養成講座「HUMAN ACCEPT」ラブラブ

【東京(渋谷区)】
日時 9月21日(木)13時から16時
場所 コミュン渋谷
アクセス方法

【静岡(浜松市)】
日時 9月26日(火)13時から16時
場所 エネシア 浜松店
アクセス方法

(※どちらの講座も、2回目以降の日程はその都度決めていきます)

ベル1期受講生さんの声ベル

ベル詳細ページベル

ベル東京講座のお申し込みベル

ベル静岡講座のお申し込みベル



画像をクリックで、登録画面に移動します




カウンセリングのお申し込みはこちら
カウンセリングメニューはこちら