この記事のタイトル。


かなり思い当たる方も多いのではないでしょうか・・・?(^^;;











ちょっと外出時間が長くなるとケータイに連絡してくる。


電話先で、「いったいどこいってんだ!」と大声で怒鳴りつける。


そうかと思えば、「いい身分だよねえ、お気楽で〜」って嫌味を言ったりする。


こういうお話をたくさんお聞きします。


ほんと、ムカつきますよね。


私も昔を思い出します(笑)


今でこそ、毎週土日のどちらかは出かけている私たちですが・・・。


昔は正直言って、家族で出かけるのは大嫌いでした。


だって、私が見たいところより、旦那が行きたいところが優先で、まだ小さかった子どもたちの面倒は、必然的に私が見ることになっていたから・・・。


子どもの世話をするのが嫌なのではなくて、「私に自由がない」と感じる状況に置かれるのが、すごく嫌だったんです。


でもそれを言うと、「たまの休みぐらい、自由にさせてくれてもいいじゃないか!」と言ってキレられ、


「それなら1人で出かければいいじゃん!」と言えば


「みんなで出かけるのを嫌がるなんて、お前は家族を大事にしていない!」と言われ・・・。


かと言って、わたしが自由にするのは許せない、みたいな空気感が強くありました。


だから、出かけた時は、私は常にケータイ(昔はスマホじゃなかったからね)の着信音が鳴らないか、ヒヤヒヤしていましたから・・・(^_^;)


自分の不満が溜まって溜まって、でもそれを解消できないままで
でも旦那は好き勝手に遊びに出かける。


私が楽しむのは許せないのに、自分はなんなの・・・?


そして、怒りが爆発!
つい旦那に文句を言ってしまい、火に油を注ぐことに・・・。


そういう時って、どうしても抑えきれないことも多いですから
ついやってしまうのも、とてもよくわかります。


私もやってましたし、その時はどーしても抑えられなかったですからね(^_^;)


だから思うんです。


この人がこんなこと言わなかったら・・・。
もう少し、相手のことも考えてくれたら、私だって優しくなれるのに。


でもね。


きっと、嫌気がさすくらいに聞いているであろう
「他人を変えることはできない」


これは確かに真実なんですよね(^_^;)



そのままでは他人を変えることはできません。


どんなに変わって欲しいと思っても、まずは自分が変わらないと相手を変えることはできません。


が・・・。本題はここから^^


「まずは自分が変わりましょう」という言葉を聞いた時、ちょっと反発心が湧いたりしませんか?


辛い時、苦しい時というのは、やっぱりこころのどこかで
(私が変わらなきゃいけないの・・・?)っていう思いがあることも多いからです。


理不尽さ、みたいなものを感じることもあるかもしれませんね。


そういう思いがあると、この「まずは自分が変わりましょう」という言葉は、すごく重いものに感じたりするものです。


でも、ちょっと考えて欲しいんです。


「誰のために変わるのか?」


旦那のためなんかじゃありません。


「あなた自身のため」です。


あなたが変わることによって


「あなたが楽になる」
「あなたが幸せになる」
「あなたの毎日が楽しくなる」



そのために、あなたが変わるんです。


あなたのため、でいいんですよね^^


=====================

画像をクリックで、登録画面に移動します




カウンセリングのお申し込みはこちら
カウンセリングメニューはこちら