「出かける前に行っていいよって言ってたのに
帰ってくるとすごい不機嫌で
◯◯が大変だったとか、好き勝手にしてきて呑気なやつだとか
絶対言い出すんです。」

かなりの頻度で、そういうお話をお聞きします。









例えば。


妻が、何年か振りに高校の同窓会に参加した。
もちろん、夫にはきちんと話をし、許可を取って行ったはずだった。


久々の同窓会はほんとに楽しくて、あっという間に時間が過ぎ
妻はとっても楽しい気分で帰宅した。


ところが、帰ってみると、夫は明らかに不機嫌で、
「タラタラ遊んでいられるヤツはいいよなー。
俺なんか毎日仕事で忙しくて!そんな余裕なんか全然ないもんなー」
などと言う。


でも夫は夫で、休日にはのんびり家で休んでいたり
大好きな釣りに行っていたりする。


それなのに!
たまたま自分が出かけると
なんだかんだ理由を付けて文句を言う…みたいな。


よーく聞きます。このテの話。
なぜ、そんなふうにしか思えないんでしょうか?


普通に考えれば
「そう、よかったね^^」なんです。


でもそういう人はなぜか
「自分ばっかり楽しんできて、ずるいじゃないか!」
って本気で怒鳴ったり
ねちねちと、嫌味や文句を言い続けたりします。


これは相手の心の中に、とても強い劣等感があるからなのですが


この劣等感というモノは、ほんとに厄介で
これがあるから卑屈になるし
これがあるから自分に価値がないって思ってしまうし
これがあるから人とのかかわりが持ちにくくなるんですね。



こうして旦那から不機嫌な態度を取られるので
だんだんと「楽しかったのに、わざと楽しくないふり」をするようになり・・・。


次に出かけようと思っても
また旦那が不機嫌になることを恐れて足が遠のく。


次第に自分が楽しむことに
罪悪感を覚えるようになってしまったりします。


でも、人って、「楽しむ」時間がないと、とても辛いと思うんですね。
何をするのかは人それぞれですが
相手のご機嫌を伺って自分が遠慮するって、とても不自然。



そんな状況の中でも、ぜひ見つけてください。
自分の心が「嬉しい」と感じる事を。


別に旦那に逐一言わなくてもいいですよね。


旦那にわかってもらえなくても、あなたが自分の心を豊かにし始めてあげてほしいんです。


いかにしたら、その心苦しい状況の中であなたがあなたの気持ちを、少しでも優先できるか・・・。


そこを見つけられるのは、あなたしかいないですものね。


そしてこの、いざこざが起こりやすくなるこの年末年始を
少しでも、こころを楽に保ちつつ、乗り切っていただきたいと思います。


================
画像をクリックで、登録画面に移動します




カウンセリングのお申し込みはこちら
カウンセリングメニューはこちら