私は3年ほど前、師匠であるばんちゃんのところに通っていたのですが・・・。
 
ばんちゃんのHPはこちら
 
その当時は、まあ、いろんな「課題」を彼から与えられました(笑)


 
その一つが、こちらの記事。
 
 
で、もう一つ強烈に言い放たれたのが・・・。
 
 

「無責任」「だらしがない」「バカ」に許可を出せ、でした。
 
 
この言葉を聞いた時、私はどの言葉に反応したかと言うと・・・。
 
 
「だらしがない」だったんです。
 
 
「無責任」も「バカ」も、まあまあモやっとする(笑)
でも、そんなに心がザワッとした訳ではなかったのですが・・・。
 
 
「だらしがない」だけは、モヤモヤしたんです。
 
 
モヤモヤどころではなく、よーく自分の心を見てみると、「ちょっと怖い」って感じてるんです(-_-;)
 
 
なんで怖いって思ったんだろう・・・。
 
 
でね、よーく自分の心を見ていったらね・・・。
 
 
ばんちゃんからこの言葉を聞くまで、たぶん「封印」してたんだと思います。
 
 
実はこの言葉。
 
 
昔、私の母からよく言われていた言葉だったんです。叱責の言葉と共にね。
 
 

過干渉で厳しくて、自分の意見ばかりを押し付ける(と、当時は思っていた)母親から、よく言われていた言葉だったんです。
 
 
なぜよく「だらしがない」を言われていたのかはあまり覚えていなくて
片付けが苦手だったからなのか、他の理由があったのか・・・。
 
 
原因はよく覚えていません。
でも、なんらかの理由があって、この「だらしがない」という言葉は、一瞬にしてこころに生ぬるい嫌な感覚を感じさせたものでした。
 
 
これを言われた時、子どもの頃の私はとても傷ついていたようですね。
 
 
でも、「だらしない部分があってもいい。そんなところがあってもかわいいじゃん。完璧すぎたら敬遠されがちだったりするしね^^」って許していったら
 
 
だんだん「だらしがない」という言葉に、モヤモヤしなくなっていったんです^^
 
 
あなたは、どんな言葉に反応するでしょうか?
 
 
あなたの中で、癒されきれていないキーワードを聞いたとき、もやっとすることがあったとしたら・・・。
 
 
あなたの中の「もうひとりの小さかったころのあなた」が泣いているのかもしれませんよ。
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:
 
画像をクリックで、登録画面に移動します

カウンセリングのお申し込みはこちら

カウンセリングメニューはこちら